占星術イベント

Fortune of the first half in 2023

2023年前半の運勢

Mars Prograde

ー小さなきっかけで世界が広がるー

火星は2022年の8月中旬から双子座に入り、10月下旬から逆行しながら双子座を運行しています。2023年1月13日にようやく逆行が終了し、攻撃的な言葉や曖昧な行動、情報の錯綜については段々落ち着いて行きます。火星が順行に移るとあなたの言葉がストレートに相手に届き、まわりからも好反応が。ちょっとしたきっかけであなたの世界が広がるので気になることやピンときたことがあれば臆せずコンタクトを取ったり、試したりしてみましょう。知的好奇心も旺盛になるのであちこち出かけてみたいという気持ちにもなりそう。近場のお出かけや旅が人生を変えるなんていうこともありそうです。また、逆行が終了する1月13日頃は火星が水瓶座金星と120度、牡羊座木星と60度、牡牛座天王星とは90度を形成します。突発的なロマンスの予感も。

3月26日になると長らく双子座に滞在した火星が蟹座に移るのですが、蟹サインは家や地元、地域などのローカルな部分の活動を活発にします。公私共に多くの人が入り混じる広いフィールドで活躍するというよりは、より厳選されたチームメンバーや家族との活動が多くなり、そういった人たちとの絆といったものが強くなっていくでしょう。蟹座は保守的なサインです。奇をてらった行動や発言は避け、安心・安全な路線を行くことが成功に繫がりやすくなるでしょう。

Saturn moves to Pieces

―真の奉仕とはー

約2年半水瓶座に滞在した土星が3月8日に魚座に移ります。これまで水瓶座が象徴するテクノロジーの進化や個々の自立に土星の見直しが入り、離れていても繋がりあえる方法を私たちは体現してきました。ちょうどコロナ禍ということもあり、人と人の分断に拍車がかかり、それをITで補ったのがこの2年半だったのではないかと思います。急激にオンライン化へシフトしたということもあり、ITの整備やインフラ化についても土星がしっかりとその役割を果たしました。

では土星が魚座に移ると、どのようなテーマに見直しが入り強化されるのでしょうか?魚座は12星座で一番最後のサイン。いわゆる終焉のサインです。それが意味するところはあの世の死後の世界であり、目には見えないものを表すとされています。慈愛や自己犠牲、私たちを癒す芸術や音楽といったものがそれに該当するのですが、例えば形だけのボランティア団体にメスが入り社会奉仕の在り方が変わったり、私たちの感性に訴えかける方法が各段に向上したりします。魚座は愛やロマンも示すサインです。人々の愛においても、自分を失うことなく人を愛するという想いの強さ、愛の真価について学ぶことになるでしょう。

Pluto moves to Aquarius

ー個々の底力ー

2023年最大のイベントは冥王星の水瓶座入りと言っても過言ではありません。おおよそ14年山羊座に滞在していた冥王星は2023年3月25日に水瓶座に移動し、数か月滞在した後6月12日にはまた山羊座へ戻って行きます。つまり2023年の前半は冥王星水瓶座のお試し期間になる訳です。山羊座に滞在していた期間は古い体制や組織が崩壊し、もう一度枠組みを一から立て直すようなことが起こったのですが、この14年で山羊座が表す組織や大きな体制、後ろ盾といったものを失くす人も多かったのではないかと思います。そして再生される過程で個人としてどのように属する地域や社会で役割を果たすのかが問われたことでしょう。

水瓶座は自立、テクノロジー、革新、普遍的な物事を取り扱うサインです。冥王星が入るということはこういったテーマにおける崩壊がじわじわと長い時間をかけて始まり、再生されることを意味します。個人個人の実力がもっと試される社会になり、副業やフリーランスで活躍する人が今以上に増えるでしょう。会社や組織に属している人でも、新たなテクノロジーの導入や外国人採用、AIの活用が普及し多種多様なものが入り混じり、持続可能な社会を実現しようとします。冥王星は0か100かのオールオアナッシングの天体であり、壊し屋です。何かが突然奪われ無くなったとしても、それは新たな始まりを意味しているのです。

Eclipse

ー突然の変化ー

2022年から蝕のラインは牡牛座と蠍座に移動しているのですが、4月20日に起こる金環日蝕は牡羊座の29度で起こります。水瓶座に入ったばかりの冥王星と90度を形成するため、この新月は私たちに大きな影響を与えるでしょう。牡羊座はスタートアップのサインです。その最後の度数で日蝕が起こるため、無理やりにでも新しい方向に押し出され、これまで意固地に保持していたものほど、手放す流れに。土星とは60度を形成しているので自分自身の成長や、より仕事や生活を安定させるために心機一転踏み出す人もいるでしょう。そしてこの2日後には牡牛座で天王星に接触した水星が逆行し始めます。新たなる道を選択しても、水星の逆行が終了するまでデコボコ道に感じるかも知れません。少しペースを落としてよく足元を見ながら歩んで行きましょう。

そして5月6日には蠍座で月蝕が起こります。蠍座は相手と完全に融合することにより、素晴らしいものを受け取れる可能性を秘めているサインです。しかしその道のりは険しく、あなたが持っているものを全て投げ出し、相手に尽くしたとしても得られるかどうかはわかりません。蝕の前後、その価値があるかどうかを見極める出来事が起こりやすくなるでしょう。金星と木星は60度、火星と海王星は120度を形成しているので不安はあったとしても理想に向かってどんどん進んで行くようなタイミングです。

Mercury Retrograde

ーショッピングは慎重にー

4月22日から5月14日まで牡牛座で水星が逆行します。逆行が始まるのは水星が天王星に近づき、蟹座の火星と60度を形成した直後。日蝕のすぐ後ということもあり、五感に訴えかけるようなものが気になり購入したくなるでしょう。この期間、衣食住における高額の買い物、特に最新の技術や洗練されすぎたデザイン、華美すぎるものの購入は慎重に検討を。後で後悔する可能性が高くなるでしょう。また、ビジネスにおいても新規事業への参入、新システムの導入、大口契約については進めるべきではありません。個人においても水星逆行中はなるべく重要な契約はしないようにしましょう。

水星逆行のメリットとしては、過去のやり直しや棚上げになった問題への再チャレンジです。貸したお金が戻ってくる、家のリフォーム、洋服のリサイクル、ダイエット、健康問題など、気がかりなことがあれば逆行期間の行動が改善へと導いてくれるでしょう。

Jupiter moves to Taurus

ー豊かさを享受できる世界にー

木星は5月18日に牡牛座に移動し、2024年の5月25日まで牡牛座を運行します。このサインにはすでに天王星もいるため、2023年の後半は水×地が強い配置となります。(魚座にはすでに土星・海王星が滞在)5月はその切り替わりを大きく感じる月になるでしょう。水×地のコンビネーションは献身的な看護師のようなイメージです。正確な知識で根気強くケアし、病と向き合う患者に精神的に寄り添う。水は必ず弱者救済を忘れないので、木星と天王星の実際的・実質的な拡大や革新を誰しもが享受出来る形で進めてくれます。天王星が牡牛座に入ってからはキャッシュレス決済や仮想通過の導入が急激に広まり、個人投資家も増えていったのですが、中には急激な変化に取り残され、自分で老後の資金を貯めろと言われてもどうしたらよいかわからない人もいるでしょう。

地のサインというのはプロセス化やマニュアル化が得意です。木星の牡牛座入りは衣食住において皆がシェア出来る仕組みや社会を実現化し、私たちの生活を豊かにする世界の貢献に一役買ってくれるでしょう。

Venus and Mars

ー情熱の行方ー

そして前半の運勢の最後を飾るのは6月25日頃にもたらす、獅子座金星・火星のコンジャンクションと牡牛座の天王星との90度。2023年で金星と火星が接近するのはこの時期のみ。火のサインの金星火星は情熱的なムードを呼び寄せるので恋愛面では大いに盛り上がります。しかし天王星がつっこみを入れるので派手なパフォーマンスや中身を伴わない上辺だけの態度では相手の心を掴むことが出来ず、逆に気持ちを逆なでしてしまうでしょう。それぞれの美意識や恋愛スタイルがありますが、多様な価値観を本物の個性にしないとこのアスペクトは有効活用出来ません。情熱を未来の足がかりにするには、入念な準備と魅力的なプレゼンテーションが必要です。

Fortune of the second half in 2022

2022年後半の運勢

Jupiter moves to Aries
―木星がビーチフラッグを一番乗りで獲るよう促す―

5月11日から10月28日まで木星は魚座から牡羊座へ進み約5ヶ月強滞在します。これまではまわりと足並みをそろえ、人の気持ちに寄り添い同調路線だったのが、個人で動くようになり自分の個性を活かして先ずはやってみるというような風潮に変わります。
牡羊座は12星座で一番最初の勢いのあるサインで自分の個性を重んじ、他者と一線を画すサインでもあります。世の中の雰囲気がガラリと変わり、物事が急ピッチで進み行きつく暇もないくらいエキサイティングな展開が期待出来るでしょう。人の顔色をうかがい遠慮しているとこの流れに乗り遅れてしまいそうなので即断即決で進めるくらいがちょうどよさそうです。
水瓶座に滞在する土星とも相性がよいことから、ちょうどよいブレーキ加減であなたのチャレンジを進めることが出来るでしょう。改革に必要なテクノロジーやメソッドも提供されるようですからこの5か月間の成果はかなり期待出来そう!!

Saturn Retrograde
―定期点検―

6月5日から10月23日まで水瓶座に滞在している土星が逆行します。土星は一つのサインに約2年半滞在するのですが、逆行は年に1回発生します。逆行中はあなたが鍛錬してきたことや成長を求められてきたテーマにおいて見直しを行い成長度合いを確認する時間が訪れます。
具体的には問題点が発覚したり、対応しなければならない案件が発生したりするでしょう。これを放置すると安定的な土台が築けず、後でもっと大きな問題となりさらなる労力が求められます。幸いにも牡羊座を運行する木星と角度がよいことから、すんでのところでそれを知らせ、急ピッチで対応にあたるようあなたを促すでしょう。

Mercury Retrograde
ー急がば回れー

水星の逆行は年に3回程度起こり通常は一つのエレメントで発生するのですが、2022年は風と地のサインで水星逆行が起こります。風サインは特にコミュニケーションを扱いますから、逆行時の人との行き違いは多くなるでしょう。そして地のサインに戻っていくと私たちが実際的に定着していない物事において、一度個人目線で再度取り組むよう促します。
9月10日から10月2日まで天秤座から乙女座で逆行する水星はあなたが共にするプライベートまたはビジネス上のパートナーとの問題点を気づかせ、よりよい関係性のために何ができるかを再考させます。
そして乙女座に戻っていくとあなたの役割・スキル・環境などにおける問題点を露わにし、もっと活用できる方法を考えさせるでしょう。例えば恋人との関係が上手く行かないことが発端となり、住環境を改善するために引っ越しするとかビジネスパートナーとの付き合い方を見直し、もっとよい職場がないか模索するなどが考えられます。
そして今年最後の水星逆行は12月29日から山羊座で発生します。師走の忙しい時にさらなる混乱を予想させるこの逆行は、私たちが確実に獲れると思っていたものをお預け状態にします。ポジションや報酬など、もっと手堅く得る方法を知るきっかけを与えてくれるので落胆せずに過ごしましょう。年末は古い関係をつなぎ合わせ、懐かしい人に引き合わせてくれるかも。帰省や旅行の予定は早めに動くことで混乱を避けて。

Eclipse
ー蝕のラインが牡牛座と蠍座へ移動ー

2022年は蝕が起こるサインが牡牛座と蠍座に変わっています。今年最初の日蝕月食は5月に起こったのですが、大きな変化を体験した人も多いでしょう。いまはまだそれがどういう意味かわからなくても、長い年月をかけてあれが節目のタイミングだったなとわかるような出来事が蝕では起こりやすいのです。
今年二度目の日蝕は10月25日蠍座で発生します。この日蝕はあなたを変容させ、愛する人のためにあなたが脱皮するような体験をもたらすでしょう。恋人とのパワーバランスの変化や、あなたが心のよりどころとしている関係に新しい局面をもたらします。蠍座は徹底的に相手と関わり、全てを受け入れ、変容していくサインです。中途半端なお付き合いは終焉を迎え、その絆が本物なら愛のために身を投げうつ激しくて深い愛を体験出来るでしょう。
そして11月8日には牡牛座で二度目の月蝕が起こります。牡牛座は金銭や不動産などあなたがこの世で得るものや、衣食住などの豊かさを取り扱うサインです。そこに暗い影を落とすこの月蝕は、何かしらの出来事を通してあなたの欲が露わになり、それを捨てなければならないことを示唆します。
人は欲がなければ生きられませんが、あなたが求める対価が正当なものか、我欲によるものでないかがこの月蝕を通して明らかになるでしょう。

Mars Retrogurade
ー足元をよく確認してー

10月30日から年内にかけて双子座で火星が逆行することにより、マルチに手がけていたことや人との気さくなやりとりがスムーズに行かないように感じるかも。火星は行動やエネルギーを示すことから、衝動的に人に会ってトラブルを生んだり、あなたの中での得意分野がわからなくなってしまったりするでしょう。
火星の逆行中はスカートの裾を踏まれるような出来事が起こりがちです。或いは、あなたがダンスする相手の足を踏んでしまうということもあるでしょう。少し落ち着いて、ゆっくりと確実な足取りで進めることでトラブルを回避出来るでしょう。そしてあまり手を広げすぎないことも大切。双子座はマルチなサインで興味の赴くまま何でも器用にこなします。しかし火星が逆行している間はそれが裏目に出て中途半端な結果になってしまったり、過度な負担になってしまったりしがちです。
逆行期間中に空回りしたことがあるなら、それは見直しが必要。あなたの情熱の傾け方やエネルギーの出し方を調整してみましょう。
例えばたくさん手がけてきたことが上手く行かなくなり一つに絞るよう迫られるとか、出所のわからない情報源を精査し確実なものだけを採用するなど、双子座らしい物事においてエネルギーを絞っていくことで次に何がしたいのかが見えてくるでしょう。

Jupiter returns to Pieces
ー愛の最終局面ー

木星は牡羊座に進んだ後、その後魚座に戻り10月29日から12月20日まで魚座に滞在します。2021年12月末から2022年5月までにあなたが拡大しようとした物事について、木星があなたが望む形で完成させるチャンスを与えるでしょう。
木星が魚座に滞在いたときは人々が慈愛に溢れ、協調性や調和といったものを重んじ、人の気持ちに寄り添うホスピタリティの精神が強調される世の中でしたが、もう一度そういったテーマをそれぞれが感じ取ることになるでしょう。社会貢献活動に参加してもよいでしょうし、チャリティやボランティア、募金などあなたのホスピタリティを発揮する場所と機会はいくらでもあります。年内最後の2ヶ月間でぜひ愛を通して社会と繋がる体験をして頂きたいと思います。
そしてあなたが投げかける愛、受け取る愛についても最終局面を迎えます。魚座は大変ロマンティックな星座で知られますが、年末に大きなロマンスを体験する人もいるでしょう。魚座が取り扱う夢や希望、そして海を思わせるような大きな愛はあなたを包み込み、もう二度と離れたくないと思うような素晴らしい愛をもたらすでしょう。

Happy Whiteday♡

ホワイトデーの運勢

3月14日頃は愛情の星金星と情熱の星火星が引き続き並んでダンスをしています。山羊座に位置していた金星と火星の重なりは2月から3月にかけて私たちの愛情面に忍耐強い愛や安定性や永続性、そしてそれを得るための確かな歩みや地道な努力といったものをもたらしました。

今月6日には金星と火星が揃って水瓶座に移動しているのですが、水瓶座は革新性や自立性を表すサインなので愛情面でもこの傾向は現れます。

離れていてもお互いを信頼し合って自由に動いていける時ですし、牡牛座に位置する天王星が120度の角度を取ることから、突然そういった状況に持ち込まれる可能性もあります。しかしそれが返ってお互いのためによい刺激や結果をもたらしてくれるでしょう。

太陽と海王星は引き続き重なり合い、私たちに夢や希望も忘れず現実的に叶えて行こうと促します。ホワイトデーをきっかけに恋人と将来のことについて話し合ってみると大きく一歩前進しそうですね。

14日当日は月が金星や火星と180度を形成し、夜になると牡牛座の天王星とTスクエアを形成します。突発的な予定変更や恋人の気分の変化という可能性も考えられますので、(特に牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座)予定を入れるなら昼間の時間帯のほうがよさそうです。もしくは週末の12・13日にすると比較的穏やかに過ごせるでしょう。ホワイトデーがみなさんにとって愛に溢れた日になりますように!!

Happy Valentine’s Day

バレンタインデーの運勢

来週はいよいよバレンタインデーですね!今年はいつもより真面目なイベントとなりそう。それというのも、情熱的な金星と火星が誠実な山羊座で重なり合いさらに変化をもたらす水瓶座天王星とは120度、魚座の木星とは60度を形成するので水×地の小三角形の影響を受けるからです。

これは誠実な愛が思いがけない展開を運んでくれることを示唆しています。山羊座の金星や火星はとても真面目で実直な愛を意味するので、長年の想いが叶うということもあるでしょう。(海王星とは60度)

特に金星は昨年から今年の1月末迄山羊座で逆行していたので、愛情関係で上手く行かずすれ違いが多く発生したカップルも多かったと思います。水星も同時期に逆行していたので、迷いやトラブルに見舞われた人もいるでしょう。

しかし2月4日には水星も順行に移り、これで全ての天体が順行に移ったので閉塞感は終息に向かいます。

牡牛座天王星からの120度の影響もとてもよいですね。変わらないと思っていたことがよい形で変化して行き、二人の未来に明るい展開をもたらしてくれるはず。

水×地のサインの小三角形は、優しく穏やかでありながらも力強い愛の形を示してくれるでしょう。